そうだ、イカを忘れていた

Posted by user - 11月 24th, 2014

今日のカンブリア宮殿は、イカ釣りの話。

イカ釣りロボットを制作している会社の従業員は55人で、年商は30億円。
世界シェアは7割だそうだ。

自動イカ釣り機は一千万円以上するが、高齢化が進んでいる中、年老いても漁師を続けられるのだから素晴らしい。

人件費も少なく済むし、そもそも後継者が少ないだろうから、日本の一次産業にとって、ロボットは必需品なのだろう。


「日本は海に囲まれているが、年々漁師さんが減っている。発明を続けるのが自分の役目だ」と、社長が言っていた。

イカを集めるための漁火には大量の油が必要だが、燃料費が2倍近くになっているため、赤字が続いている。

この先も円安が続くと、やっていけなくなる。そうすると私達の食卓に日本のイカは少なくなるのだろう。

そこで今、社長はLEDを使った照明の研究をしているという。

そういえば最近、イカを食べていない。
テレビ画面では、醤油で調理した美味しそうなイカが食卓に並んでいた。

明日、イカを買ってこよう。

Comments are closed.

Blog Home